ニキビ跡の凸凹を治すには?

ニキビ跡の中でも最も治療に根気と時間がかかるのが凹凸です。

肌の凹凸はクレーターなどとも呼ばれていて、ニキビ跡の中ではなかなか治療がしにくいタイプでもあります。

ニキビ跡の凹凸を直すためには、 ・肌のターンオーバーを促進して新しい細胞を内側から再生させる方法 ・フラクセルやダイオードなどのレーザー治療で肌の再生を促す方法 ・ピーリングによって肌の外側を剥がす方法 などが一般的です。

生活習慣や食生活などに気をつけていれば、肌のターンオーバーによって少しずつ肌の凹凸も浅くなっていくようです。

しかし、何年という時間がかかるだけでなく、完全に凹凸がなくなることも少ないので、凹凸タイプのニキビ跡を完全に治療したい場合には美容外科や美容皮膚科で治療をする事をおススメします。

フラクセルやダイオードなどのレーザー治療ではコストが毎回2万円〜5万円程度かかる上に、けっこう痛みもあるので、痛みとコストと戦いながら治療を重ねることになります。

凹凸が浅ければ浅いほど症状が改善されるまでのスピードも早く、凹凸が深くなると何回治療をしてもなかなか効果が実感できない事もあるようです。

ピーリングによる凹凸肌の治療は、最近では一般皮膚科などでも受けることができるようですが、強い薬品によって肌の表面を溶かすため、ダウンタイムと呼ばれる「顔が赤く外出できない時間」が発生してしまいます。

ニキビ跡の凹凸はどの治療を行っても時間がかかります。

自分のライフスタイルにあった治療方法を見つけて根気良く行なう事が必要ですね。

オススメのニキビケアは?

オルビスはニキビに効果ない?

オルビスクリアで本当にニキビ治る?返品率は高い?ステマじゃない本当の口コミが知りたい方に!今まさに体験中の私が感想をホンネで暴露します。
www.nikibicare-honne-review.com/orbisclear/orbiscrea.html

一般社団法人 日本医療・美容研究協会