中高時代からニキビが出来やすく敏感肌の母でした。

このような母でしたので私も同じように思春期にはニキビが酷く、子供が生まれ親になり少しは落ち着くかなと思った今も、甘い物を少し食べるだけでニキビが発生してしまいます。

そのような理由もあり洗顔には力を入れています。

心苦しいのですが私の大切な娘もまだ3歳なのに、もう鼻から頬にかけて角質がつまってきています。

今の状況が改善されなければ母や私と同じで、若い頃からニキビが出来てしまうと思うと不安です。

万が一、これが遺伝であればとても怖いのです。

特にニキビは治ればもうずっと安心というものではなく、再発しやすい肌トラブルの一つだと考えられています。

症状が良くなったからもう気にしなくていいかなと、天ぷらや揚げ物などの油ものを多く摂っていると、たちまち吹き出物が出来ることがあるのです。

こうしたニキビが再発しないようにする為には、朝起きて顔を洗う際に保湿もしっかりしてあげるなど、何でも好き嫌いせずにバランスの良い食事を摂ることも大事です。

また体の調子を整えるために十分な睡眠をとることもキレイなお肌になるためには欠かせない事です。

この時期、ニキビ予防において大事にしないといけないのは、菌がつかない環境をつくることです。

ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕を不潔にしている、手で直接肌に触るといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。

常に清潔にいれるように意識していきましょう。

驚く方も多いと思いますがニキビは皮膚病の一つなのです。

ただ、にきびが出来たくらいでわざわざ時間を割いて医者に行って診察してもらうほどの事ではないとためらってしまう方も沢山いると思います。

ただ、自分で処置するよりも医者に見てもらうだけで正しい治療をして貰えるだけでなく、治りやすくなり後になって残りやすいニキビの跡にも効果的だといわれています。

今までと異なるのは、自分でわざわざ薬屋に行ってまでお金のかかるニキビ薬を購入していた時よりも、安い費用できちんとした治療を受けられる点にあります。

近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスの崩れが考えられます。

ホルモンの乱れは、ストレスが原因となって簡単に崩れてしまうと耳にします。

また、特に生理の前は女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。

生理直前にニキビを気にされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。

10代の頃の若い私は、体の事など全く心配せずに大好きなお菓子やチョコレートを制限なく食べていたために、翌日にはものすごいニキビが出来ていました。

いつもの食事がこんなにも体に影響しているのだと、以前は気づかなかった私ですが今はよく認識しています。

食事が健康を左右すると分った時から、今ではいつまでも若く健康な身体でいるためにも、大好きなチョコレートやスナック菓子は辞めています。

そのような毎日の積み重ねと努力もあってか、ほとんどニキビが出来ない肌になりました。

額や頬などにニキビが出来やすくなるという方が、割と沢山いらっしゃるという結果が出ました。

なぜこのようになってしまうのかというと、体内で分泌されるホルモンの量が大きく変わることで、いつもより肌が敏感な状態になるからだそうです。

とりわけ、生理が近づいてくる時期は訳もなくそうした物を食べてしまう事が大きな要因となって、皆さん知っての通り、私達が普段食べているものとニキビには大変重要な関連性があることが調査で分りました。

普段の生活の中でも大切な食生活を改善する事は、健康の為にはもちろんニキビを改善する事にもなります。

可能であれば野菜をメインとした食事に切り替え、特にミネラルやビタミンがたっぷり含まれた緑黄色野菜や海藻等、バランスの摂れた食事になるよう努力しましょう。

また食物繊維が多く含まれるインゲンなどを多く摂ると、調子を整える働きがあるので便秘解消という観点からも、にきび改善にとても良い方法の一つなのです。

肌荒れとニキビが結びついていることも事実です。

ニキビはホルモンが乱れることが原因で、思春期にできるのが簡単です。

だけど、思春期をすぎても発生することがあり、その場合には大人ニキビや吹き出物と呼称されています。

この大人ニキビの要因の一つが肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。

大抵の方は、ニキビが出来た時の対処法として脹らんだ部分をハリや指などで潰して治そうとします。

最も簡単な方法のように見えて実は危険な方法、そういわれる理由が根底にあったからなのですね。

なるべく早く、しっかり綺麗に治したい方には治りにくいニキビだからこそ専用の薬を使いましょう。

それだけでなくニキビの跡にも効くといわれています。

お勧めの方法は、洗顔で綺麗にした後に化粧水と乳液でカバーし傷跡まで綺麗にしっかり治したいという箇所を確認し、清潔にした手で薬を塗るだけで更なる効果を期待出来ます。

今では、医療技術が発達している関係でニキビ薬も多くの種類があり迷ってしまう方も多いと思います。

一般的にはニキビ専用の薬を使用した方が、時間もかからず効果も期待できるといわれています。

但し、酷く腫れあがっていたり膿が出てきそうな症状でなく小さく気にならない程度のニキビであれば、長年愛用している方も多いオロナインでも良くなります。

少し抵抗があるという方は、まず効能や効果のところで冬の時期にはなりやすいひび割れ以外にニキビとしっかり書かれているか確認しておくと良いでしょう。

いつも洗顔などで綺麗にしていても、なぜかニキビができることは誰にでも経験があるのではないでしょうか。

このニキビの予防法には、顔を洗って清潔を心がけるのは当然のこと、栄養の豊富な食べ物をとりしっかり睡眠するといった健康管理も大切だと思います。

ニキビがおでこにできると、何としてでも前髪などで隠したくなります。

ですが、その様な行為はニキビをより悪化させてしまう行為なので、できるだけ前髪で隠す行為はせずに毛髪が直接ニキビに接触することのないように刺激を与えずにいることが大事です。

偏った食生活やストレスからニキビの状態が悪くなると、芯が入っているような固さになる場合が多く、指でその部分に触れるだけで痛みを感じることがあります。

背中など目立たない部分ならいいのですが顔に出来るニキビは、触らない方が良いと知っていながら確かめたい私がいて、吹き出物が出来たところを直接触ったという方が多いのです。

但し触れるだけで、殺菌が入ってしまうことがあり治りにくい状況を作ってしまう可能性もあるので、市販のものよりも病院で処方された薬を使うなど、色々工夫しながら自分の肌に合った方法を見つけましょう。

アクネ菌が溜まるとニキビが出来やすくなるといわれています。

例えばフェイスタオルや、メイクに使うスポンジを自分以外の誰かと共有して使用するのは実はとても危ないのです。

それに、一緒に住む家族であっても直接手が触れた時に石鹸をつけたり消毒もせずにそのままいると、少しでも触れてしまった場合、その相手からアクネ菌がうつる場合が極めて高いというデータが発表されています。

そしてどうしても気になるにきびを何とかしようと触った後に、うっかり鼻やあごなど他の場所に触れてしまうと触った箇所にニキビが発生しやすくなるのです。

関連ページ