犬の爪きりの方法は?

トリミングは定期的に行っていると言う人も多いと思います。ペットのトリミングで爪の手入れがあります。爪のお手入れをする時、犬が嫌がったりだとか、切りすぎて出血させてしまったりすることが結構多いと思います。(汗)そんなことで自分で爪のお手入れをするのは「嫌だなぁ~」と感じている人も多いのではないかと思います。犬の爪の内側には、血管や神経が通っています。それで、切りすぎには注意をしなくてはいけませんよ。失敗してしまうと犬が暴れたりすることがあります。また鳴いたりして、次に爪を切る時は嫌がってしまいますよ。<正しい爪の切り方について>爪を透かすと血管がピンクに見えると思います。その3ミリくらい上の部分を切るようにしてください。そうすると良いでしょう。(注意)そんな手探り方法しかありませんね。(汗)爪切りをするタイミングは月に1~2回くらいを目安にしてあげると良いですね。爪を伸ばし続けると自分の肉球を傷付けてしまうことがあるので注意しましょう。そうなると歩くこと自体困難になります。(汗)そんなことで定期的に切るようにしてあげてくださいね。また、爪切りも犬にとってはストレスになることがあります。ですから。(笑顔)※また1日に1本と言うペースでも良いと思います。このように様子を見ながらお手入れしていきましょうね。