犬のローン審査が通らないって嘘?審査に落ちたら飼えない?おすすめのローンは?

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なく大抵は多目的ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のペットローンよりもメリットが多いのです。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがそれだけ審査が厳しくなっているのは否めません。

ホームセンターのカインズホームではペット用品は充実していますが、生きている動物の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますので「この子だ!」と運命を感じる犬に出逢えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ...と思うのが心情ですので手持ちがすくない...と言う場合にはペットローンを使うのも有効な方法です。

ローンには銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものとがありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦の場合は年収がないので借入はできません。

銀行は総量規制の適用外なので専業主婦でも融資可能となっていますがペットローンは、必ずしも借りられるわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、年金受給者や学生、専業主婦、無職の人は申し込めませんから専業主婦の方は、旦那さんにローンを組んでもらいましょう。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンのイメージに、なんとなく審査のハードルは低いと思われている方もいるかもしれませんがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますからペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップの地位を築いています。

しかし、オリコにはペットローンはなく、使途が自由な多目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常にスピーディですから、審査条件さえクリアしていればその場で契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

オリコから融資を受ける額が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に利用可能なローンです。

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますし人気犬種のトイプードルやロングチワワの場合、相場は20万円から38万円です。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーは、30万円前後が相場になっているようです。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますので犬や猫を飼うということは、高性能のパソコンなみにお金がかかりますから決して安い買い物ではないのです。

参考:犬のローン審査が通らない?審査に落ちたら?【おすすめの組み方】

ペットを家族に迎えるということは、ビビッときた子と出会った時が運命なのですぐに連れて帰るためには犬のローンを有効に利用したいですね。

ペットショップのコジマでペットを購入するに当たり、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、ほとんどの会社ではペットローンはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しているというものです。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができます。

セディナの場合は総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%、最高300万円となっています。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...などローンを組むのに手をこまねいているという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く金額よりも安定・継続して勤務しているかということを重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になるのは言うまでもありません。

住宅ローンを組むに当たり審査は避けて通れませんがペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで提供している信販会社のローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでそのご褒美として低金利で融資をすることを認めるという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しくその次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

一般的に金利が低い順に並べると、銀行、信販会社、消費者金融で審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例に比較すると、イオン銀行の金利は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の金利は年2.5%から年7.5%で、オリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入の最大限度額はイオン銀行が700万円で、スルガ銀行は800万円となっていますがオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですが当然、ローンの審査にクリアしなければ利用することはできません。

申請方法は郵送やインターネットがあり、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要な場合があります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますので使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンと言うローンは取り扱いがありません。

楽天銀行には使い道が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンなどがあります。

一般的に、銀行の目的型ローンは使途が限定されるだけで内容の規定はありませんが楽天銀行では使途も制限されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく楽天スーパーローンとなります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンということですのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

ペットショップでペットを購入する際にローンを組む場合、頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますからペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんが頭金の金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべてつぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし小屋やケージ、サークル等を含めると数万円はかかることを計算しておきましょう。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ショップも動物が売れないことには困ってしまいますから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払いローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

信販会社のローンはショッピングローンなので審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。