住宅ローンは金利をよく比較してから借りる

住宅ローンにも色々な組み方があるので一概には言えませんが、固定金利だけでいうと、やはり良く内容を比較したほうがいいです。
0.1%違うだけで支払い総額はかなり違います。
ローンの金額や年数により総額は変わりますが、ほんの少しの違いだからといって、メインバンクだけを選択肢に入れて住宅ローンを考えているとかなり損をします。
ローンを貸してくれそうな金融機関すべてを比較する必要が有ります。
月々の支払いやボーナス時の支払いが少なくなれば、少し生活に余裕が出て、何かアクシデントがあった時にも、貯金で対応することが出来ます。
貯金が無いと知り合いから借りたり、最悪金融機関から借りることになります。
そうなるとまた金利を払う必要があるので、生活が苦しくなることは目に見えています。
そうならないために、良く金利を比較して少しでも低い金融機関で住宅ローンを組みましょう。
メインバンクは重要ですが、他の金融機関にも目を向けて考える必要が有ります。
ネット銀行の住宅ローン審査基準は?徹底比較!【審査落ちを防ぐには?】