プロミスといえば

プロミスといえば、日本の大手消費者金融を思い浮かべる方が多いと思われますが、映画にも同じプロミスという名前の題名のものがあります。
その映画の中身はパレスチナ、イスラエル間に住んでいる子供たちの交流を描くドキュメンタリー映画であります。
監督のゴールドバーグ監督は、この紛争地域の子供たちについてよく知ってもらおうとするところから始まるのですが、子供たちがお互いに楽しく接してはいるものの両国の険悪な関係があることから、様々な感情が映し出されるという光景を映し出しているものであります。
映画が製作されたのは、比較的両国が平和だった1997年から2000年の間の時のものであり、今では撮影するのは難しい代物となっています。